We Blog Weblog

Adobe様いつもお世話になってます

Web

2021年7月25日

Adobe Creative Cloud

みなさんこんにちは。
ケミストのWeb担当みやのです。

「Web」記事では、これまでに得たWebに関する知識を記録として残していきたいと思います。

今回は、私が普段使っているAdobe製品をご紹介します。

Dreamweaver(ドリームウィーバー)

DreamweaverはWebオーサリングツール、つまりウェブサイトを作るためのソフトです。「夢を紡ぐ者」...いいセンスだ。

・HTMLエディタ

・シンタックスハイライト(タグやクラスを色分けしてくれる)

・ライブビュー

・FTP(File Transfer Protocol:サーバーにファイルを転送)

・ライブラリ

などの機能があります。

プロも御用達のソフトなのですが、私はまだ全然使いこなせていません。


Photoshop(フォトショップ)

Photoshopは写真の編集(レタッチ)をするソフトです。

人物の背景だけ消したり、モザイクをかけたり、解像度を変えたり、レイヤー(層)を重ねていったり...

これで編集したファイルはPSDファイルといいます。

私はまだ全然使いこなせていません。


Illustrator(イラストレーター)

Illustratorはドローソフトといって、ベクター画像を作成するソフトです。

ベクター画像とは、画像の色や形を座標で表現したもので、拡大しても画像が荒くならないなどの特徴があります。
(対義語はビットマップ画像)

これで編集したファイルはAiファイルといいます。

私はまだ全然使いこなせていません。


InDesign(インデザイン)

InDesignはDTP(Desktop publishing)のためのソフトです。

PhotoshopやIllustratorで作った写真やイラストを配置して、印刷所に入稿するための原稿データを作ります。

フリーペーパー「ケミスト」を作るのに使っています。

このソフトを使うために、やたら出版業界用語を覚えないといけないので大変です。


Brackets(ブラケッツ)

Bracketsは無料のテキストエディタで、これもウェブサイトを作るのに使います。

Dreamweaverのコードエディタ部分にはこのBracketsをベースにしたものが採用されているそうです。

Bracketsはとにかく軽いのが特徴で、低スペックPCでもサクサク動きます。

さまざまな機能を追加できるプラグインがあります。
コードの整列ができる「Beautify」というプラグインを愛用しています。

でもファイルのアップロードはできない(FTPのプラグインはあるみたいですが)
あとライブラリ機能もない。
誰かやり方知ってる方がいたら教えてください。

まとめ

Adobe製品はなかなかお値段がしますが(Brackets除く)今回挙げたソフトを2つ以上使うのであればAdobe Creative Cloudコンプリートプランが断然お得だと思います。

それでも決して安い金額ではないのですが、うちは会社が払ってくれています。

Adobeに感謝する前に会社に感謝しろし

当サイトに関するご意見、ご感想、制作のご依頼はお問い合わせフォームのほか、Chatworkでも受け付けております。

私たちは、クラウド型ビジネスチャットChatworkを導入しています。

国内利用者数No.1 中小企業向けビジネスチャット「Chatwork」

今回挙げた以外には
動画編集用のPremiere Pro
写真の管理・編集用のLightroom
PDFを編集するAcrobat Pro DC
などがあります。

いつか使いこなしてみたいものです。

この記事を書いた人
みやの
Web・DTP担当

Contact Us

ご意見、ご相談、料金のお見積もりなど、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

TOP