We Blog Weblog

httpとhttps

Web

2022年9月25日

https

みなさんこんにちは。
ケミストのWeb担当みやのです。

「Web」記事では、これまでに得たWebに関する知識を記録として残していきたいと思います。

今回は「http」と「https」の違いについて調べました。

参考:SSL/TLS総合解説サイト|SSL/TLSってなんだろう?

httpとは

サイトのURLの頭についているやつですね。

httpはHyper Text Transfer Protocolの略で、データをサーバーとクライアントの間で通信するときの通信規約プロトコルのことだそうです。

もうすでに何のことかわからない

httpsとは

httpsのsはsecure、つまり「安全な」「保障された」という意味らしいです。

SSLという仕組みで暗号化されています。

SSL化するとURLがhttps~になります。

SSL/TLSとは

SSLはSecure Sockets Layerの略で、データを暗号化して送受信するプロトコルのことです。改良が重ねられて現在はTLS(Transport Layer Security)というそうですが、SSLという名称が広く普及したため、今でもSSL、またはSSL/TLSと呼ばれるそうです。

サイトの一部のページだけでなく、全部のページをSSL化することを「常時SSL化」といいます。斬月みたいな?

SSLの種類

SSLには3種類あります。

① ドメイン認証SSL

② 企業実在認証SSL

③ EV SSL

①が最も安価で早く実装できて、③が最も審査が厳しく信頼度が高いそうです。

SSLの設定方法

SSLサーバ証明書というのを第三者機関に発行してもらって、サーバーにインストールする必要があるそうです。

うちはロリポップというレンタルサーバーを使っているのですが、そこに申し込んだらやってくれました。ありがたや。

SSLサーバ証明書には有効期限があるのですが、更新も自動でしてくれるそうです。ありがたや。

まとめ

・httpsはSSLで保護されていて安心

・SSLには3種類ある

・SSLは進化してTLSになった

当サイトに関するご意見、ご感想、制作のご依頼はお問い合わせフォームのほか、Chatworkでも受け付けております。

私たちは、クラウド型ビジネスチャットChatworkを導入しています。

国内利用者数No.1 中小企業向けビジネスチャット「Chatwork」

ところで「サーバ」と「サーバー」はどっちが正しいのでしょう。

この記事を書いた人
みやの
Web・DTP担当

Contact Us

ご意見、ご相談、料金のお見積もりなど、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

TOP